”東洋1”のズボラ―が世界のズボラ人間を楽にするブログ!

転勤族になってしまい、後悔。転勤の鎖から、逃げるためにもがき続けるブログ

時間術 色々やってみた結果 これらが最強だった part4 もっと外注しようぜ!

今回紹介するのは、

 

仕事を外注して減らそう!

 

どれだけ時間があっても、仕事で疲れ果ててはおしまいです。

 

結局いいことがありません。

 

できることは、どんどん他の人にまかせていきましょう。

 

また仕事の依頼を少しずつ断われるようにしましょう。

 

ただ断るのは簡単ではありません。

まだまだ日本の会社は縦社会です。

上司のいう事は絶対です。

 

令和3年にもなってこの有様です。

私自身の会社は得に強いような気がします。

 

皆さんの会社はどうなのか分かりませんが、

多分そうですよね。

 

そんな状況で如何に断っていくのか!

 

ずばり長期的スパンで頼まれずらくしていきます。

これしかありません。

 

いくつか方法を挙げていきます

 

一つ目、めちゃくちゃ頼まれた仕事に質問をする。

 

仕事を頼まれた際は、事細かに質問してください!

どのレベルが必要なのか!

いつまでなのか?

なぜ必要なのか?

目的は何か?

 

なぜわたしなのか?

これが聞けたらいいですが、これは難しいし、危険なのでやめましょう!

 

仕事を急に言われて、質問なんてできないよ!

という方

 

めちゃくちゃわかる。

 

そうゆう方はとりあえずこうゆってませんか?

了解です!

いいがちですよね。

 

そうなっちゃった場合は、

 

ちょっと考えてからまた質問させてください。

 

このような質問をすることで、安易に頼むと、質問が多くて大変だなあって印象を付けましょう。

 

質問が多くて嫌われるとか評価が下がるなんてことはあり得ないので安心してください。

 

そうすることによって、頼む側が、考えてから頼むようになります。

 

一番めんどくさい仕事って

上司が考えるのを放棄して、適当に振ってくる仕事がめんどくさいんだよね。

 

忖度に忖度を重ねた成果物を上から確認して、

これはこうした方がいいんじゃないとか

なんか違うなあとか

思ったのと違うなあとか

 

考えなきゃいけないことが無限に増えます。

 

そうして作成した書類に対して

センス無いなあとか言ってくる上司は終わってます。

 

これを回避する上でもしっかりと質問をすること。

 

これを継続することによって、頼まれずらくなるし、

頼まれた仕事もすぐ終わるようになります。

 

もう一つの断り文句

ちょっと予定確認してもいいですか?

 

これでとりあえずカレンダーを見るようにしましょう。

 

上司にとって、

 

了解です。

しか言わない部下は、便利です。

 

もう一度言います。

便利です。

 

便利なだけで評価されないんですよね。

まじで人間は終わってる。

 

人間が人間を正しく評価するのは不可能です。

 

予定を確認してもいいですか。

これで仕事抱えてるよー

しっかり予定を意識してるよー

とかのアピールにもなります。

 

 

要するに会社にとって、上司にとって便利な存在になってはいけません。

 

会社や上司にとって一目置かれる存在になればおのずと時間は増えていきます。

 

しかしあまりおかれ過ぎると”便り”されて仕事が増え続け、

アドレナリン出まくりのスーパーサラリーマンになってしまう恐れがあるので

それだけは気を付けましょう!

 

スーパーサラリーマンになってもそんなに給料は増えません

 

便利な存在になるだけです。

 

 

 

仕事以外にも外注できる物はどんどんしていきましょう。

 

一番外注しやすいものは、

家事です。

 

外注すると高そう!

 

月に一回の部屋の掃除とか結構いいと思うんですが、、、、

知らない人に入られたくないとかね

 

まあ気持ちはわからなくはない。

 

それでもめちゃくちゃ便利ですけどね

 

そんな人には、

家電の購入をお勧めします。

 

自動調理器 

ホットクック

 

ロボット掃除機

 

食洗器

 

ドラム式洗濯機

 

 

このあたりはマストで購入してください。

 

家事の時間は本当にもったいないです。

 

自分だけでコントロールできるものはすべて任せましょう。

このあたりは次の記事で紹介します。