”東洋1”のズボラ―が世界のズボラ人間を楽にするブログ!

転勤族になってしまい、後悔。転勤の鎖から、逃げるためにもがき続けるブログ

石垣島 男一人でも大丈夫! 5泊6日の旅 

男一人で石垣島に5泊6日で旅をしてきましたのでそれの紹介していこうと思います

このブログを読んでる人はえっと多分一人旅に興味があることばっかりだと思うんですけどそういった形にズバリ石垣島はおすすめなのか 一人暮らしに一人旅におすすめなのかというところから、 行きます。

めちゃくちゃオススメです。

それをねなんでおすすめなのかっていうの考えながら

5泊6日の6日間の旅行で語っていこうと思います。

家では石垣島1日目スタート。

私は中部地方に住んでますので、名古屋駅からスタートします。

名古屋駅から金山まで電車に乗って そのあと、金山から直通でセントレアへの電車があります。

は所要時間は1時間弱といったところ。

学んの難しいこともなく行けるのですが、今回は大失敗しました。

金山から安城まで行ってしまいました。 これでね8時間ギリギリとなってねなんとかなんとか乗れましたけどこのようなことがあるとね特に今回使った LCC ピーチ航空のようなね LCC はね、本当に厳しいですので気をつけましょう。

なんで間違えたかと言いますと、

金山から直通の電車が通ってるんです。

それの一個前に乗ってしまいました。

それの5分前ぐらいに発車した繁盛行きの電車に乗ってしまいそこから Netflix でアニメを見ているところ すっきりすっかり寝てしまい到着時間に目が覚めたんですけどそしたら10でした

やなかなか安城はねびっくりしましたけど近くのおばちゃんに話しかけてやここは全然違うよとこここうだよとまずは叶えばまで戻りなさいと

あれ人間焦るとねあのアプリとか無理なんであの近くにいた人とね話してみてそうすると意外にねあの優しく答えてくれるのでそれがねまた一人旅のねいいところだと思います

そんなわけで到着の2時間前ぐらいには着いてセントレアでゆっくりしようと思っていた私ですけど

セントレアに着くのが到着の40分前ぐらいの予定となりました。

40分前なら大丈夫でしょという思いでしょうがいかんせん LCC は厳しい

30分前に保安ゲートを通らないと乗せてくれません。 なので8個入った米失敗はないようにしっかりと間違えないようにまた余裕を持って 向かうようにしましょう。

てなわけでもずっと保安ゲートまでも猛ダッシュ

地下鉄から右手に向けて

ダッシュしてまずは LCC のカウンターまで向かいます。 そして LCC のカウンターでしっかりチェックインをしてからホアンホアンゲートまで向かいます。 なんとか間に合いました。

本当はセントレアでね昼ご飯食べて向かおうと思いましたがそれもかなわず

保安ゲート内で名古屋といえば M ステ。

天むすを食べて言ったりしながら飛行機を待つことになりました。

それでは飛行機乗って行きます。

名古屋から石垣島までは約2.5時間。

沖縄より1時間ほどかかるといったところでしょうかね。 和多田8 名古屋から直通便が出てない時は、名古屋、沖縄、石垣島と乗り換えが発生していましたが、今では

JALANA もピーチも。

航空券がありますので、本当に石垣島が近くなりました。 値段もう今回は往復で37500円と そのぐらいだったと思います。

この値段で石垣島に行けるんだったら、沖縄にも北海道にも行かずに石垣島にずっと行きたいなと思えるぐらいのコスパですね。

相手の理由で飛行機に乗り込みました飛行機では基本的に何も出てきませんそれが吉です。 ピーチ 飲み物も有料食べ物も有料です。 まただ。

マコーラが200円とかカップヌードルが200円とかだったかなそのぐらいで食べれるので何か飛行機の中で食べるカップラーメンは非常にそそりましたがコーラで我慢しました。

上空で食べるコーラは何度か格別のような気がしましたねそして2.5時間しっかりと睡眠をとったり Netflix を見たりで 石垣島に到着しました。

1日目の予定としましては、石垣島から竹富島へそのまま向かい、竹富島で一泊してからもう1度石垣島に戻るというルートをたどります。

石垣島本島の

概要を言いますと、東側に空港がありますね、南側に。

離島ターミナルがあります離島ターミナル周辺が石垣島の都市部になりますね。

まずはバスで。 離島ターミナルまで向かって行きます。 離島ターミナルへのバスはいくつかありますが、空港の正面から左手に出て一番奥のバスに乗ると離島ターミナルとは空港の直通で結ぶバスがございます。

それはね30分程度で行けるのでそれで行けば本当に便利だと思います時間が合わない場合は他にもたくさんバスがあるのでバスの運転手に聞くなりして離島ターミナル買いましょう

そして30分間バスに揺られながら離島ターミナルに向かいました右手にドンキホーテが見えたりなどなんだか自分が住んでいる場所とそんなに変わらないような 気もしないでもなかったです。

そして離島ターミナルに到着すると、

後ろにはホテルそして横にはなんだか商店街のようなってものがあります

離島ターミナルの中にも定食屋やそば屋さんを見上げて、

様々なお店が入っていますので、時間を潰すにはもってこいの場所です。

僕が食べてみたかったマグロ丼を出す。

具志堅さんに行きたかったんですけどあいにく6日間ほとんど行ってなかったです午前中しかやってないのでなかなか行くのが難しかったです

そして30分程度時間がありましたので、街をぶらぶら歩いていると、

ポークたまご屋さんがありましたポーク卵っていうのは沖縄の名物でスパムと卵を包んだ。 おにぎり成増

どんなもんじゃいと思いましたけど、食べてみたらこれがうまい。 歌

卵がもう絶妙にマッチして豚の脂。 これがねー、本当においしかったわも実はね2回食べちゃいました。 同じ見てね。

もう一個別店舗で食べたので、結局6日間の旅行で3回も食べちゃいました。

ぜひぜひ入ってくださいおすすめです

そして竹富島に高速船で向かいます竹富島は一番石垣島から近くて一番人気のお店島ですね。 自転車で回ることができたりなど。 なんだかとてもいい場所です。

そして高速船で15分入られながら、僕タバコの横で買った高級プリンを食べながら向かいました。

そして高速船で揺られることに気持ち悪くなりながら15分で竹富島に到着しました。

竹富島は何かとっても海が綺麗でまためちゃくちゃのどかな場所で

昔の沖縄を感じさせるような場所です。

そうすると知らない電話番号から電話がかかってきてこれは何だ仕事の電話かと思いきや

旅館のおばちゃんからの電話でした説明をあまり読んでいなかったためわからなかったんですけどわざわざ送迎までしてくれるそうで あと5分程度で着きますよとのことで待ってみます。

待ってる間海を見たりとか猫がたくさんいましたので猫の写真を撮ったりだとかそういったことで時間を潰しました

そしてイルカのおばちゃんが到着して、私を旅館まで連れて行っていただきました。 今回泊まった旅館はここです。

八重山諸島の料理が有名で朝ごはんと夜ご飯がついてきてとてもお腹いっぱいになれる 旅館ね。

なんと夜9時から安いがニトリに迎えると

ヤシガニかなヤシガニ取りに一緒に向かってくれるわけです。 正直こういうのは一人旅ならではと言うか一人旅だと恥ずかしいんだけど、逆に行くって言う。 そういうのが大事だと思います。

一人旅ってのは恥ずかしいことをやるこれが一番大事

そして旅館の食事が7時と

6時半頃に夕日があるので

西新橋

に向かいます。

部屋出しの旅館からは歩いて10分程度のとこでした。

6時頃到着するともたくさんの観光客が橋の上で横たわったり、座ったり、海を見たりとみんな楽しみに夕日を待っていました。

夕日が6時半頃到着しそれはまた綺麗だね景色でね大満足の竹富島でした

そして7時からご飯ですので、旅館に妖怪ご飯を食べます。

猫のご飯がめちゃくちゃ豪華で石垣事業から魚お吸い物サラダ食べ放題のご飯 味噌汁もおかわりし放題。 もめちゃくちゃお腹いっぱいでしたエビからマグロ刺身もねとんでもない料理でした

昼のポーク卵公開するほどの量でたくさん食べました。

旅館の食事では隣にひとり旅にお兄さんが座っておりそこで一人旅同士こここうだよという会話が生まれます 今回出会ったお兄さんは、 もう旅の終盤となりもうちょっとで帰ると私とは真反対に 旅の終わりを竹富島で終わらせようという形でしたね。

その方はね、基本的に石垣島本島ではなく、石垣島周辺の離島にも周りにもあったということで、

まあ次はね、僕もそういった旅行もしたいなと思わせてくれるねいい人でした。

こうやって話すのもいいしね、悪くないんですよね。 話したくない人がいれば話さなければいいし、話してみたければ話せばいい人。

それがまた一人旅の醍醐味ですね。

そして夜ご飯を食べ風呂を入り、 久慈のヤシガニ採りを楽しみにしていました。

育児になり喧嘩に向かうが誰も来ません。

喧嘩

なかなか来ないのでおばさんに聞いてみると今日はやりませんと

いやいやいやいやいや俺はこの旅館に1万のうち4000円ぐらいはヤシガニ取りに行きたくて横浜取ったんだけどなというのは置いといて まあママと多分子供がいなかったんでしょうと諦めました

山口から時間がありましたのでもうちょっとゆっくりしたあと11時から星をみることにしました 竹富島もね星が綺麗と有名なので一番暗い所ハイツバリ西船場市に向かいました。

途中めちゃくちゃ暗くて正直って強かったですけど、懐中電灯を照らしながらひとりでゆったり歩いてきました。

長谷に向かえば向かうほどどんどん暗闇になってきて、端に着くと10人ぐらいの女性がね。

グループでキャーキャーキラキラと星を見てました。 私ひとりで寝てね。 ゆったりと保証で見学しました。

その星が姉もねやばい感動。

もう見渡す限り欲しい。 星が見渡す限りです。

もうねこれだけでね石垣島来てよかったなって思いました パンダが1時間以上星をね見た見ながらゆっくりと出来ました。

代わる代わる観光客が来てキャーキャー言いながらと星を見ていきましただけ星が見えるとあの流れ星もビュンビュン通るのでもうねそれだけでもなんか自然って言うだいだらと とてもねえいつものね仕事からねストレスがねなくなっていきました

てなわけだね1日目終了です。