転勤族の日常 絶対に転勤族はやめておけ!

転勤族になってしまい、後悔。転勤の鎖から、逃げるためにもがき続けるブログ

タイムボクシングを簡単に! Alexa をうまく使おう!

タイムボクシングやってますか?

私は,なんだかんだ続いております.

結構難しい時もあったんですがいろいろ工夫しながらやって今のやり方だったら続けられるかなと思っております。

 

いろいろ工夫した結果タイムボクシングは、音声入力で入力していくことが一番入りやすいことが僕には合ってました。

 

まあどういう風にやってっかこのブログで説明しようと思います。

 

1,Alexa でカレンダーに入力する。

なんだかんだカレンダーに入力するのって面倒くさいんですよ。

だから Alexa を利用します。

 

Alexa 今日朝8時に予定入れて、読書する。はい

 

こんな感じで入力してます。

これは寝る前にやってますね。基本的に

 

寝る前にやることで明日のやることが明確になって、やる気もあるし、

朝起きてから迷わずやることできるのでいいですねこれが、

 

どうしてもスマホで入力するのって、

カレンダーアプリ開いて

時間を決めて

ボタンを押して

項目を入力して

アプリを閉じる

 

これはね結構面倒くさいんですよ。

 

だから寝る前に音声入力で入力するようにしました。

 

2、スマートウォッチでの管理をしよう!

 

スマートウォッチは非常に便利です。

もちろん Alexa ついているものだと、時計に話すだけでカレンダーに入力することも可能でめちゃくちゃ便利なので、

こちらの商品を紹介しておきます。

 

ただAlexa の機能が付いてなくても、通知機能が付いていればそれだけで十分なような気もします。

 

タイルボクシングをやる上で重要なこととして、

時間感覚を身につけなければなりません。

 

30分という時間の中で集中して、なおかつ次の30分の予定に移動していかなければなりません。

 

そういったときに便利なのがスマートウォッチで、スマートウォッチの通知で次の予定を知らせてもらえるようにしておきます。

 

そうすると振動でスマートウォッチが次の予定を教えてくれるので、

すんなりと次の予定に入っていきます。

 

スマートウォッチの振動で気づくことができれば、

スマートフォンを確認しなくてもいいので、

余計な誘惑に惑わされずにそのままアタイム牧神を継続することができます

これが結構重要だったりします。

 

スマホは難しいです。

見たいものが多すぎるのでそこはやっぱでちょっと距離を置かないとやりたいことやれないと思います。

 

また

スマートウォッチの通知に関しては、

Google カレンダーの設定で、通知のタイミングを、5分前に設定してください。

そうすると30分の5分前

 

なので

25分区切りで作業をやって、

5分間のインターバルがあって

また次の25分の作業をやる。

 

これでポモドーロテクニックも活用できます。

 

ポモドーロテクニックってやってみると結構すごくて25分なら本気出せるんですよね。

ただポモドーロテクニックの問題点としては、

やり始めるのが非常にめんどくさいんですよね。

 

このやり始めるのが非常にめんどくさい

タイムボクシングとポモドーロテクニックを同時にできるって

言うのはめちゃくちゃ便利なのかなと思ってます。

 

3,Google カレンダーの自動入力について

これはめちゃくちゃ便利だと私も始めたんですが、

難しかったですね。

 

この機能はすごくて、

例えばGoogle カレンダーに

 

週4日で読書をする30分

という目標を立てると、

 

自動的に空いてる時間に読書の30分を入力してくれます。

ここまではいいんですが、

 

これのすごいところは、

僕の生活様式に合わせて自動に入力してくれるんです。

 

読書の時間をGoogle が朝10時に入力したとします。

それを見た僕が朝10時は仕事があるので読書ができないと、

朝8時からの読書にずらします。

 

そうすると Google が朝10時は読書ができない時間なんだと判断をして、

自動的に他に入っている週4日のうちの三つの文の読書を

朝10時から移動させてくれます。

 

確かにこの機能はこのように、

自分に自動的に合わせてくれるのでめちゃくちゃ便利なんですか、

 

カレンダーが埋まってしまっていることが、

満足感を与え、

なかなかその通りに動くことが難しかったです。

 

しかしこの通りに動くことができたらめちゃくちゃ便利ではあるので、

これでできる人はこれも利用するととても良いと思います。

 

けど僕は自分で入力したり自分で音声で入力したりしないと、

なんかやる気が出なかったりしたのでこのやり方は中止しました。

 

以上です。

 

タイムボクシングはできるとめちゃくちゃ時間はできるので、

是非取り入れるといいと思います。

 

ただ継続するのが難しいので、

どれだけ自分で楽するか、どれだけ自分に合ったやり方をするかってのがポイントだと思います。

 

一生懸命やってなんとか自分の時間を取り戻しましょう。